【初心者のゴルフ上達法】 - ゴルフスイングの基本とコツ


初心者のゴルフ上達法

左足

左足が上がってしまう状況もあるという事を覚えて置きましょう。ラウンドに出ていると、常に平行な場所でアドレスがかまえられるというわけではありません。もしかしたら、右足よりも左足が上がってしまう状況もあるでしょう。左足の方が上がって斜面の事を左足上がりと言います。

左足上がりの際には、右足に体重がかかりやすくなってしまいます。右足に体重がかかってしまうためフックのボールが出やすくなってしまう傾向にあります。斜面にもよりますが、クラブのロフトが大きくなってしまう事があります。クラブのロフトが大きくなってしまうと、ボールが上がりやすくなってしまうのです。ボールが上がりやすくなるという事は、飛距離が落ちてしまうという事になります。

なるべく垂直になるように意識しましょう。垂直にするために、右足体重でアドレスする事が重要です。体重移動しないことが大切です。体重しないで、右足体重のままでコンパクトに振り抜く方が良いでしょう。体重移動してしまうと、上から打ち込むような感じでスイングしてしまう事になってしまいます。上から打ち込んでしまうと、傾斜に刺さってしまう可能性があいます。斜面にそって振り抜かなければいけないのです。意識しすぎて、すくい上げるように打つ事も注意していかなければいけません。

フックしやすいことを考えて、右の方向に向けて打っていきましょう。それ以外にも、飛距離が落ちるので、番手を上げるなどの対策も必要となってきます。ラウンドに出たら、色々な状況があるという事は覚えておかなければいけません。打ちっ放しなどで、練習をしている際には平行な所でしか打ちませんが、ラウンドに出たら色々な状況があるのです。その時の対策も練習しておくことが、上達へとつながっていきます。


▲このページの上部へ