【初心者のゴルフ上達法】 - ゴルフスイングの基本とコツ


初心者のゴルフ上達法

バンカー

状況に応じたショットの方法も身につけていく事で、上達していくと考えられます。いつでも、同じ状況で打てると思ったら大間違いです。ラウンドに出たら色々な状況があります。状況に応じたショットを身につけるのは、上達する一歩だと言って良いでしょう。

バンカーのショットについて見ていきたいと思います。バンカーショットの際には、サンドウェッジを使用します。サンドウェッジには、バンスという膨らんだ部分がある事を知っているでしょうか。バンスを使用する事で、砂の爆発力を生み出すのです。砂の爆発力を利用して、ボールを飛ばすことを意識していきましょう。

アドレスの前に、砂の中に足を埋めて安定させていきましょう。先ずは、自分を安定させる事が大切となってきます。左足に体重をかけて、かまえるようにしましょう。7:3くらいで、体重を左足に掛ける事が望ましいでしょう。その時には、上体が左に傾かないように意識しておきましょう。

体重移動には注意しましょう。スイングを行う際には、普通なら体重移動を意識します。ですが、バンカーショットの際には体重移動は行ってはいけないのです。バンカーショットの際には、ボールに直接当てることはしません。ボールに直接当ててしまったら、失敗してボールがさらに埋まってしまう可能性があります。ボールに当てないようにしなければいけません。バンカーショットは、ボールの数センチ手前にバンスを入れることを意識してスイングを行っていきます。ボールの数センチ手前を打つように意識しましょう。そして、注意しなければいけないことが、手首です。手首を返さないように、しなければいけないのです。この点を注意してバンカーに臨むようにして下さい。


▲このページの上部へ