【初心者のゴルフ上達法】 - ゴルフスイングの基本とコツ


初心者のゴルフ上達法

パーム・フィンガーグリップ

グリップの握り方には、2種類あると思って良いでしょう。グリップの握り方は、人それぞれですが自分にあった握り方で握る事が1番です。グリップの握り方には、パームグリップとフィンガーグリップの2種類になります。パームグリップの場合は、手のひらで握ります。フィンガーグリップの場合は、指の付け根で握るという形になります。

自由度という点では、フィンガーグリップの方が優れていると考えてよいでしょう。フィンガーグリップの際には、自由度が高まってコックしにくくなっているのです。握り方としては、フィンガーグリップの方が良いと考えられます。

グリップの握り方はどちらでも良いのではないかと思っている人がいるかもしれません。ですが、グリップは非常に重要になってくるのです。グリップの握り方が正しくなければ、力が正しくボールに伝わらないのです。体が接触している部分はグリップだけになります。グリップから、力が伝達しているという事を覚えておかなければいけません。

フィンガーグリップの握り方は、第1関節と第2関節の中間にあてがうように握る事を心がけていきましょう。その時には、左手の小指から人さし指まで意識して握って下さい。基本的に中指、薬指、小指で握るという事を意識しましょう。親指と人さし指は、添えるだけで十分なのです。右手の場合には、小指には力を入れないで薬指と中指でにぎるようにしましょう。それ以外は、添えるように意識しましょう。

フィンガーグリップは、本当に自由度の高い握り方になります。パームグリップで握っている方も、フィンガーグリップに変更する事をおススメします。力を入れなくても、しっかりとグリップ出来るでしょう。インパクトの際にも、衝撃でフェースが狂うという事もないでしょう。


▲このページの上部へ