【初心者のゴルフ上達法】 - ゴルフスイングの基本とコツ


初心者のゴルフ上達法

インパクト

インパクトは、良く知っておられるのではないでしょうか。ボールとクラブヘッドが当たる瞬間の事を「インパクト」と呼びます。しっかりとインパクトさえ出来れば、素晴らしいショットが出来ると言っても過言ではないでしょう。アドレスやバックスイングなども考えていかなければいけないですが、結果論から考えるとインパクトさえ正しければ問題はないと思っても良いでしょう。
インパクトさえ正しければ良いというのは、結果論にしかすぎません。正しいインパクトにするには、アドレスやバックスイングなども考えていかなければいけないでしょう。上達するためには、アドレスから終わりまで考えていく必要があるでしょう。スイングを通して、正しいインパクトにしていくことを目標としましょう。

アドレスとインパクトは似ています。インパクトとアドレスが異なる点は、下半身にあるでしょう。アドレスに比べると、インパクトの方が下半身が少し開いているという形になるのです。その点がアドレスと違う点でしょう。アドレスの場合は、下半身が開いていないという事です。
ドライバーショットの場合と、アイアンショットの場合ではインパクトも少し変わってきます。ドライバーショットではアップブローにインパクトする事が正しいと思って良いでしょう。アイアンショットの場合は、ダウンブローにインパクトする事が正しい形となっています。

アップブローの場合には、回転がかかりにくくなるという特徴があるのです。その点からドライバーショットの飛距離を伸ばす事に役立つと考えてよいでしょう。ダウンブローの特徴は、正確性です。アイアンショットの場合には、正確性が求められることがほとんどでしょう。その点から、ダウンブローはアイアンショットに向いていると言えるでしょう。


▲このページの上部へ