【初心者のゴルフ上達法】 - ゴルフスイングの基本とコツ


初心者のゴルフ上達法

トップスイング

トップスイングは非常に重要であると言えるでしょう。バックスイングの終わりの位置がトップスイングになります。また、ダウンスイングの始まりの位置にもなるのです。このことから分かるように、トップスイングは非常に重要なのです。
トップスイングの注意点は、ひじが浮かないようにする事です。トップスイングは、上体を回転させて、左の肩があごの下に入ってきます。右のわきと、右ひじの角度で一番望ましいのが90度となっています。90度を意識するように、トップスイングは行いましょう。ひじが浮いてしまわないことにも注意を払っていきましょう。

上体の回転が大きいほど、インパクトの力は大きくなってくるでしょう。その事ばかり、意識していてはいけません。インパクトも大切ですが、意識しすぎてしまうとスエーの原因となりますので注意しておきましょう。
左手の親指に重みを感じる…という事が、正しいトップスイングなのです。練習を行う際には、左手の親指に重みを感じるようになるように練習を行っていきましょう。練習の際には、その点を意識しておくと良いでしょう。

トップスイングは地面に平行になる所までが、一番早くなると考えてよいでしょう。そのことは頭に入れておかなければいけません。頭に入れておけば、振りかぶってしまうという事を防ぐ事が出来るでしょう。オーバースイングをしてしまうと、ミスショットにもなりかねません。打つ時には、ボールを良く見ようとし過ぎて頭の位置が変わってしまいがちです。ですが、アドレスの際には頭の位置を変えてはいけません。ボールを見過ぎて頭の位置が変わってしまうと、体重の移動が上手くいかなくなってしまいます。そうなるとミスショットに繋がってしまうでしょう。


▲このページの上部へ