【初心者のゴルフ上達法】 - ゴルフスイングの基本とコツ


初心者のゴルフ上達法

アドレス

アドレスとは、どのような意味か知っているでしょうか。ゴルフを始めたら、ゴルフの専門用語も知っておく必要があるでしょう。アドレスとは、ボールの位置に対して構えたスイングの姿勢の事を言います。アドレスについて見ていきましょう。
アドレスの基本はスクエアにかまえる事にあります。飛球線に対して、スクエアにかまえる事がアドレスの基本である事は頭に入れておかなければいけないでしょう。この時に注意しなければいけないことは、スタンス、ひざ、肩、腰がスクエアになっている事です。この点を注意して、アドレスをかまえなければいけません。

オープンになっている状態だと、スライスが出やすくなってくるのです。そして、クローズになっているとフックが出やすくなるという事も覚えておいた方が良いでしょう。ラウンドしている時にはありとあらゆる状況に対応しなければいけません。
良いスイングをしたとしても、アドレスの基本がしっかりとしていなければ球は真っ直ぐには飛ばないでしょう。アドレスに入る際に正しくかまえられるように練習を行わなければいけません。

ひざや腰が地面に対して平衡にかまえることは止めましょう。それは、あまり良くないのです。肩は右肩下がりになってきます。グリップが左手の下に右手がくるため、右肩下がりになるようになっています。
腰を落とすようにして、ひざは軽く曲げていきましょう。ひざの力具合を考えて置きましょう。力が入ってしまうかもしれませんが、力まないことが大切です。つま先や、かかとにも注意を置いておいてください。重心がかかってくると、良いスイングが行えないと言われています。バランスの良いスイングをする為に、重心を低く保ってバランスよくアドレスすることが重要です。

[PR]薬局以外の薬剤師に転職したい「悩み」の話


▲このページの上部へ