【初心者のゴルフ上達法】 - ゴルフスイングの基本とコツ


初心者のゴルフ上達法

グリップの握り方

ゴルフの基本として、グリップの握り方についてご紹介していきたいと思います。グリップの握り方には、基本的に3種類あると思って良いでしょう。オーバーラッピンググリップ、インターロッキンググリップ、ベースボールグリップという3種類の握り方です。
最も主流と考えてよいのが、オーバーラッピンググリップという握り方になります。ですので、オーバーラッピンググリップの握り方をご紹介していきましょう。

左手の小指、薬指、中指の3本の指の付け根でしっかりと握るようにしましょう。しっかりと握らないと、ダメなのでその点を注意するように心がけてください。グリップエンドは2センチほど余らせるように握るのもポイントとなっています。左手の親指は、シャフトの少し右に乗せるように乗せるように握りましょう。人さし指と、親指が離れていては意味がありません。人さし指と親指が離れないように握って下さい。

ロングサムという言葉を知っているでしょうか。ロングサムというのは、親指を長く握る事を言います。その逆に短く握る事をショートサムと呼ばれています。ロングサムで握るよりも、ショートサムで握る方が良いでしょう。ロングのサムの場合は、アドレスの際にグリップが下がってしまう事がありますので、ショートサムがおススメです。
オーバーラッピンググリップの握り方が合わないと思う方は、インターロッキンググリップの握り方に変えてみた方が良いでしょう。人によって、合う・合わないは絶対にありますので、自分に合う握り方を探してみましょう。

オーバーラッピンググリップの握り方は、手の大きい方よりも手の小さい方に向いている握り方となります。手の小さい方は、オーバーラッピンググリップの握り方の方が良いでしょう。

[PR]通関士の志望動機の書き方について


▲このページの上部へ